ソーシャルレンディングがインカムゲインとして優れている3つの理由

LENDEXブログ担当です。
今回は、ソーシャルレンディングがインカムゲインを得るための投資先として、なぜ優れているのか。その点について投資家の皆様に説明させていただきます。

インカムゲインとは


まず、インカムゲインとはどういった特徴を持つ投資なのかをご説明します。

資産を保有することで生まれる利益を目的とした投資

インカムゲインとは、資産を保有することで生まれる利益を目的とした投資を指します。
例えば不動産投資は所有する不動産を貸し出して収入を得ることができるので、インカムゲインに該当します。
また株の配当金も株を保有していれば得られるので、インカムゲイン投資に該当します。FXもスワップ金利目的であれば、インカムゲイン投資と言えます。

ソーシャルレンディングの場合、当社と投資家の皆様で匿名組合契約を結びます。
その匿名組合契約に基づき、投資家の皆様は一定のタイミングで配当金を受け取ることができるため、インカムゲイン投資の一つと言えます。

キャピタルゲインとの違い

インカムゲイン以外の投資手法として、キャピタルゲインがあります。
キャピタルゲインは資産となるものを購入し、その後資産を売却することで得られる利益を目的とした投資です。

例えば株は、購入時の値から値上がりすれば、売却益が確定します。
FXも同様に、自分が購入した相場から変動すれば、利益を得ることができます。
また不動産でも、家賃収入目的ではなくて値上がりを目的に物件を購入し、値上がりしたところで売ればこれもキャピタルゲインです。

一方、ソーシャルレンディングは、匿名組合出資契約の権利を他者に譲渡できないのでキャピタルゲイン目的の投資はできません。

ソーシャルレンディングがインカムゲインを得ることに適している3つの理由


それでは、どうしてソーシャルレンディングがインカムゲインを得るための投資手法として適しているのでしょうか。
3つの理由を説明します。

少額から投資できる

当社を始め、ソーシャルレンディングサイト各社では最低投資金額として10万円以下の金額を定めている会社が多くなっています。
インカムゲインを得るために必要な資金が小さいため、多くの方にとって投資を始めやすくなっています。

手持ちの僅かな資金から投資を始め、コツコツと少しずつ投資してことで将来的に大きな資産形成に繋げられる点は、ソーシャルレンディングの長所と言えるでしょう。

運用の手間がかからない

不動産投資でインカムゲインを得るには、自分が所有する不動産を借りてくれる賃借人を探し、賃貸借契約を結ばなければいけません。
また賃借人が退去してしまうと家賃収入はなくなってしまいますし、物件を常に貸せる状態するためにはランニングコストがかかります。

ソーシャルレンディングは、投資後に投資家の皆様に作業をしていただくことはほとんどありません。
毎月配当金が振り込まれるのを待つだけです。
投資後の作業がほぼいらないという点も、インカムゲイン投資として優れているポイントのひとつだと言えます。

運用期間が定められている

不動産を現金化するには、買主を探し契約を結び必要があるため、1ヶ月や2ヶ月程度の時間がかかってしまいます。
任意のタイミングで売却自体はできますが、売却活動に大きな時間がかかるのが一つのリスクとなってきます。
そのため緊急時の資金調達手段として使いにくい側面があります。

一方、ソーシャルレンディングは、権利の売却はできませんが、一定の運用期間が定められているので自分がどの程度の収入を得ることができ、どのタイミングで投資元本が戻るか把握しやすいです。
収支の計算や資金計画をしやすいのも、ソーシャルレンディングのメリットのひとつと言えるでしょう。

ソーシャルレンディング投資する時にご注意いただきたい点


ソーシャルレンディング投資はインカムゲイン対象として優れている面がありますが、デメリットがないわけでもありません。その注意点をご確認ください。

運用中のキャンセルが出来ない

ソーシャルレンディングは、案件の運用期間中のキャンセルは不可能となっています。
また匿名組合契約も売買することができません。
任意のタイミングで現金化ができないという点は、一つのリスクとしてきちんと把握しておいてください。

早期償還がある

ソーシャルレンディングはあらかじめ運用期間が定められていますが、実際は債権者からの早期償還が起こることも非常に多いです。
当社においても、債務者の不動産会社様からの早期の返済は、頻繁に行われています。

必ずしも一定の期間において、当初想定した収入が得られるわけではありません。
その場合は速やかに再投資をしていただきたいと思いますし、当社では再投資先も豊富に擁できるよう取り組んでおります。

元本損失の可能性がある

ソーシャルレンディングは、投資家の皆様から借りたお金を、事業資金を必要とする事業者に貸し出します。

つまり、貸金であるために必ずしも満額が返済されないこともあります。
当社では多くの案件において不動産担保を設定しています。
しかし、最近は短期運用を前提に無担保有保証案件も増えています。
貸金だからこその元本損失のリスクがあることも、ご承知おきください。

まとめ

ソーシャルレンディングは少額から投資家可能であり、資金の運用投資家様本人に行っていただく必要もないため、インカムゲインを得るための投資手法として優れていると言えます。
ただし、貸金時の金利収入を目的とした投資であるため、貸金ならではのリスクもあります。
当社では、投資家の皆様の資産を守っていくために、貸金時には担保や代表者連帯保証を設定しています。

もし当社に興味を持たれた方は、是非とも以下のリンク先からLENDEXのことをよく知り、投資のご検討していただければと思います。

高利回りが期待できるソーシャルレンディング投資「LENDEX」