2022年7月のLENDEX

LENDEXブログ担当です。

今回は2022年7月のLENDEXの運営状況をお知らせします。

 

2022年7月のLENDEXの運営実績

 

2022年7月のLENDEXのファンド募集実績は、以下のようになっています。

 

  • 募集:25件 7億7,824万円
  • 償還:25件 7億7,934万円

 

募集金額は、2022年6月を上回ることができました。一方で募集金額と償還金額がほぼ同額であり、当社としての運用金額を増加させるには至っておりません。

不動産売買の需要は、例年夏から年末にかけて徐々に高まっていきます。募集ファンド数については一定の水準を保つことができておりますので、今後は募集金額や、運用する不動産のジャンルに多様性を持たせた案件のご提供について取り組んでいきたいと考えております。

案件の利回りについては、年利6%台が中心となってきております。この水準を維持し、投資家の皆様には投資案件数と投資金額の供給の安定を図れるように努力していきます。

 

為替変動がソーシャルレンディングに与える影響

ここ数ヶ月大幅なドル円の円安が進行しています。

その背景には、アメリカの政策金利の利上げにより、安全な為替購入に投資資金が移動しているとも言われており、株式など各種の相場にも影響が出ています。

一方、LENDEXにおいては、為替変動によるソーシャルレンディングの影響は、ほぼないという状況です。

ソーシャルレンディング会社の中には、海外で運用されるファンドを扱っている会社もあります。海外通貨建て案件に投資している場合、投資後に円安に動くことで、運用終了後に為替益が出ることもあります。

一方で、2022年8月時点のように、大幅な円安傾向が見られる場合、今から海外通貨建て案件に投資する場合は、運用終了後に現在より円高に推移している可能性も高く、その点に注意する必要もあるでしょう。

為替の相場を気にせずに一定の分配金を受け取りたいという方には、LENDEXのソーシャルレンディング投資が向いているといえます。

 

 

まとめ

LENDEXは2022年7月には約8億円弱の募集を行い、どの案件も満額募集を達成することができました。

先月も予告した通り、今年の8月~9月にかけては新規投資家様を対象とした案件の募集及び、キャンペーンも実施していく予定です。

こちらについても、どうぞご期待ください。

 

当社がソーシャルレンディング事業の運営を開始してから約5年が経過しました。その間当社では一度も返済遅延及び貸し倒れを起こしておりません。投資家の皆様には継続して年利6%以上の分配を続けております。

物価高が叫ばれる中、投資による資産運用で物価上昇に対応したいという方はぜひLENDEXへの会員登録を行い、ソーシャルレンディング投資を体験されてみてはいかがでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。