年利5パーセント以上を狙える投資は?

LENDEXブログ担当です。

コロナ禍で資産運用の重要性が各所でクローズアップされ続けています。

LENDEXが運営しているソーシャルレンディングも、そんな資産運用の方法の一つです。

 

例えば年利5.0%以上で資産運用ができれば、100万円の投資で年5万円以上(税引前)のリターンを得ることができます。投資資金が1,000万円であれば、リターンは年間50万円以上(税引前)です。利回りが高ければ、効率よく資産を増やすことができ、老後資金などの準備が進みます。

 

そこでここでは、年利5パーセント以上を狙える投資商品の特徴や注意点について解説します。

 

■不動産投資

不動産投資は、マンションやアパートの一室・一棟を購入し、賃貸運用を行い家賃収入を得る投資商品です。物件の価値が購入時より上昇すれば、売却益を得ることもできます。

 

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」の「収益物件 市場動向 年間レポート<2021年1月~12月期>」によると、2021年の区分マンション、一棟アパート、一棟マンションの平均利回りと平均価格は次のとおりです。

 

物件の種類 平均利回り 平均価格
区分マンション 7.44% 1,533万円
一棟アパート 8.59% 6,977万円
一棟マンション 8.04% 1億6,312万円

 

上記のとおり、いずれも平均利回りは5.0%を超えています。

 

たとえば、1,533万円の区分マンションで利回り7.44%であれば、年間約114万円(月9.5万円)の家賃収入を得ることになります。好立地で空室率が低ければ、安定した収益が期待できるのが不動産投資の魅力です。

 

ただし、不動産投資を始めるには数千万円のまとまった資金が必要です。気軽に始められる金額ではありません。

 

高い利回りが期待できますが、空室リスクなどにも注意が必要です。

 

■ヘッジファンド

ヘッジファンドは、投資のプロであるファンドマネージャーが株や債券、不動産などに投資を行い運用します。空売りなども行い利益を追求して運用するため、年利5.0%以上の利回りが期待できます。

 

ただし、ヘッジファンドへの投資は富裕層でないと難しいです。基本的には、生命保険会社などの企業がヘッジファンドに投資をします。個人投資家でヘッジファンドに投資ができる場合は、最低1,000万〜2,000万円などのまとまった資金が必要です。したがって、一般の個人投資家はヘッジファンドに投資をする機会はほとんどありません。

 

■株式投資

株式投資は、企業が発行する株式を購入して株主となり、配当金や売却益を狙います。配当金は企業の利益を原資としており年1〜2回受け取ることが可能です(配当金がない企業も多い)。

 

また、株価が購入時より高くなれば、売却益(キャピタルゲイン)を得ることができます。企業によっては、自社商品や優待券などの株主優待を実施しています。

 

個別銘柄であれば、年5.0%以上の運用も十分可能です。株を購入して数日以内に、株価が大幅に上昇することもあります。ただし、株価下落や企業の倒産リスクなどに注意が必要です。

 

■ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、お金を借りたい企業とお金を貸したい(投資したい)投資家をインターネットで結びつける金融商品です。事業者は、不特定多数の投資家から資金を集め運用します。

 

ソーシャルレンディングは1万円程度の少額資金で始めることが可能です。利回りが7.0〜8.0%以上の案件が多く、運用期間は数ヶ月〜2年程度のものがほとんどです。

 

ただし、投資である以上元本保証はありません。

融資先の状況により返済が行われないと投資資金を回収できない恐れがあります。

そのためソーシャルレンディングでは担保や連帯保証人による資産保全を図ることが多いです。

 

少額資金で手軽に高利回りの投資をできるのが、ソーシャルレンディングの魅力です。

 

まとめ

不動産投資やヘッジファンド、株式投資、ソーシャルレンディングなどは年利5.0%以上での運用が可能です。いずれの投資商品もリスクはありますが、多額のリターンを狙えます。

 

おすすめはソーシャルレンディングです。利回りが高いのはもちろんのこと、1万円程度の少額資金で始められます。運用期間が1年未満の案件が多いため、資金拘束期間が短くて済みます。

 

高利回りの運用を目指したい方は、ここで紹介した内容を参考にして投資について検討されてみてはいかがでしょうか?

LENDEXが運営しているソーシャルレンディングは、年利7%以上の案件にくわえ、多くの案件に不動産担保を設定しています。さらに不動産担保は自社と第三者機関(不動産鑑定士など)による二重査定を実施し、その査定額の80%の金額までしか融資をしません。

 

約4年半のソーシャルレンディングサイト運営の中で、分配遅延、返済遅延も一度もありません。ぜひLENDEXへの口座開設をお願いいたします。

 

最短1日での口座開設が可能です。