投資で損失を避けるコツとは?

LENDEXブログ担当です。

ソーシャルレンディングで投資を検討される方がず考えることとしては「どうしたら投資で損失を避けられる?」「損失リスクを軽減するコツはある?」という、損失を減らすための対策ということも多いのではないでしょうか。

はじめに打弦しますと、ソーシャルレンディングも投資であるため、出資金の損失リスクは必ずあります。ただし、取り組み次第でリスクを軽減することは可能です。損失リスクを軽減できれば、投資で利益を出せる可能性が高くなります。

 

そこで、投資全般に関して初心者の方が損失を避けるコツについて説明いたします。

 

投資で損失を避けるコツ

情報収集・勉強を怠らない、レバレッジをかけすぎないなど、投資で損失を避けるコツを把握していると、損失リスクを軽減できます。

 

情報収集・勉強を怠らない

どんな投資でも、損失を避けるために大切なことは、情報収集・勉強を怠らないことです。例えば、株式投資であれば、市場動向や企業のIR情報、アメリカやEU、日本の政治・経済情勢などの最新情報を押さえておく必要があります。

 

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析のやり方を勉強していないと、相場動向の予測はできません。「情報収集や勉強をすると絶対に損失をしない」というわけではありませんが、情報収集・勉強を続けることは損失リスクの軽減につながります。

 

レバレッジをかけすぎない

レバレッジとは、投資資金の何倍もの金額で取引ができる仕組みのことです。株の信用取引は最大3倍、FXは最大25倍の金額でレバレッジ取引ができます。レバレッジ取引は資金効率を高められるため、少額資金で多くの利益を狙うことが可能です。ただし、相場が予想の反対に動いた場合は、多額の損失を抱えます。

 

レバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンなため、冷静な判断が難しくなります。投資初心者は、レバレッジをかけすぎないように注意しましょう。

ソーシャルレンディングではレバレッジを掛けた投資はできません。

 

少額資金で始める

投資で損失リスクを軽減したいのであれば、少額資金での投資がおすすめです。少額資金であれば、損失額が少ないため、損失を抱えても比較的冷静に対処できます。投資金額が大きいと損失額が多くなるので、冷静な対応は難しくなるでしょう。

LENDEXでは2万円という少額から投資を始められます。

 

相場の変動にうろたえない

投資で損失を避けるコツは、相場の変動にうろたえないことです。株式投資や投資信託、FXなど、相場は常に変動します。相場の変動にうろたえてしまうと、焦ってしまい、冷静な判断ができなくなります。適切な判断ができないと、損失はどんどん膨らんでいくでしょう。

 

相場の変動にうろたえないようにするには、次のようなことが大切です。

 

・余剰資金を使う

・少額資金で投資をする

・損するリスクがあることを理解しておく

・事前に取引ルールを決めておく

 

投資初心者は相場変動にうろたえがちな方は、元本の価格変動がない商品を選んでみてもよいでしょう。

ソーシャルレンディングは融資を行った貸付金利を投資家の皆様に分配するので、相場変動による損失はありません。金銭消費貸借契約に基づいた金利収入が入ります。

 

投資初心者にはソーシャルレンディングがおすすめ

ここまでお伝えしてきて、ソーシャルレンディングこそ投資初心者の傾きの要素を持っている、と感じた方もいるのではないでしょうか。ソーシャルレンディングとは、融資型(貸付型)クラウドファンディングであり、投資家とお金を借りたい企業をマッチングさせるサービスです。

 

投資家は企業に融資を行い、企業が返済する金利から、出資額に応じた分配金を受け取れます。

 

LENDEXnソーシャルレンディングは、2万円からの少額投資が可能で、株式投資やFXのように元本の価格変動がなく、運用の手間がかかりません。利回りはLENDEXの場合、年利で6%〜10%と銀行預金や投資信託よりも高利回りです。相場の変動にうろたえなく済み、少額資金で始められることから、投資初心者におすすめです。

 

ただし、ソーシャルレンディングも、元本保証がない、途中解約ができない、事業者の倒産などのリスクはありますこういったリスクに関してはこちらの記事でご紹介しています。

ソーシャルレンディングは危ない投資なのか

 

ソーシャルレンディングに興味を持った方は、ぜひLENDEXに口座を開設されてみてください。